2016.08.08 08:13

第63回よさこい祭り 出場205チーム紹介≪あ~か行≫

 いよいよ明日からよさこい祭り。第63回の2016年は前夜祭が8月9日、本番が8月10、11日、全国大会・後夜祭が8月12日。205チーム約1万8千人が、高知市内16カ所の競演場・演舞場で練習の成果を披露する。音楽、振り付け、衣装、地方車までこだわりが満載で「私らを見て」「うちが一番」のオンパレード。どこから見ていいか分からないあなたに、まずは全チームをご紹介―。

≪あ≫
【Art wave×AZJ】 130人、29回出場
 よさこいの「新しい物を絶えず作り出す自由な発想」で今年も登場。右手に着けた長さ1メートル40センチの黒い布に注目。覚醒していく様子を鮮やかに表現。

【RHK―くろしお】 100人、11回出場
 男性は力強く、女性は優しく。前進と情熱をイメージした踊りの一番の見せ場はみんなの「笑顔」。紫色と黄色の衣装のコントラストと隊列を見てね。

【愛・彩媛】 30人、9回出場
 一年中ズボンをはいているような活発な私たち。今年は思い切って踊り子の衣装をはかまからスカートにチェンジ。茶色とピンクの二色で、女性らしく。

【アイレディース化粧品】 101人、6回出場
 全国各地のメンバーの思いがつまった歌詞に注目。子どもの未来を願い、親子の対話、人との絆の大切さを表現。歌詞をプリントしたうちわも配ります。

【青ノ春】 55人、11回出場
 高知大OB、OGや仲間たちのチーム。学生時代の「子どもができたら一緒に踊る」夢もかなった! 息のぴったり合った5人のちょうちん隊も必見。

【朱七(あかしち)】 104人、★初出場
 全員がよさこい経験者。大人になっても楽しみたい!と昨年結成。代表がネイルサロンオーナーで、全員が真っ赤なネイルで鳴子を握ります。

【安芸子ども会連合会“あき童子”】 50人、25回出場
 よさこい大好きな安芸市の子どもたちの集まり。今年は仕上がりに自信あり。正調が基本の和のイメージで、明るく元気にかっこよく踊ります!

【安芸 東陣】 90人、19回出場
 「東部の元気を高知に!」をモットーに、完成度の高い演技を目指して練習を積んできた。自慢の中抜きの地方車に載せた力強い太鼓の音でレッツ演舞。

【亞空(あくう)遊師】 80人、★初出場
 初参加。でも「こだわりのかたまり!」。踊りはオリジナルの物語に沿って展開。中国風の衣装もデザインから生地調達までメンバーの手でやりました。

【旭食品】 107人、34回出場
 踊り子は全員女性。純真お馬の物語をイメージし、恋の切なさや情熱を表現します。艶やかな舞で、高知の夏に笑顔の花を。届け、この思い―。

【あさひはっぴぃぼいす】 80人、7回出場
 参加7年目にちなみ今年は「虹色~青空に7色の夢を描いて~」がテーマ。地方車には踊り子の子どもたち全員が思いを込めて描いた花の絵がいっぱい。

【あたごまち愛組氣炎(あぐみきえん)一座】 96人、53回出場
 女座長が率いて2年目。めらめらと炎を燃やす火の鳥のフラフに、鮮やかな新芽色で動きを美しく演出する衣装。心機一転、「新生愛組」で臨みます。

【あったか高知踊り子隊】 196人、62回出場
 飛び入り参加大歓迎! 初心者でも安心。インストラクターによるレッスン付き。踊りやすい正調。音楽は都はるみの「よさこい鳴子踊り」をアレンジ。

【ARU Belly 一座】 73人、2回出場
 世界の音楽と親和性の高いベリーダンスが、よさこいと融合! 隊列の最前列では羽根のような華やかな衣装を身にまとった3人が目を引きます。

【アローズ】 65人、4回出場
 新体操クラブの保護者が結成したチーム。「心で踊るよさこい」をテーマに、静と動のメリハリをつけて、躍動感あふれるイメージに仕上げました。

【一期一笑(いちごいちえ)】 80人、10回出場
 毎年この時期に結成。終わると解散!の中央大学のよさこい好きのチーム。思いを引き継ぎ、10年目。盛り上がりだけはどこにも負けません。楽しむ!

【夢現~いちぜん~】 110人、2回出場
 一人一人の「夢」が実「現」できるように、という思いを込めました。終盤での1列から4列に広がっていく迫力あふれる隊列の変化は見逃すな!

【いなん】 111人、6回出場
 土佐清水市の実力派チーム。とんでもなくアップテンポ、今までにないスピード感。その中にも静と動の切り替えをきれいに見せるよう、工夫しました。

【いよさこい!!華魅(はなび)】 40人、3回出場
 全員で両手を上げ、夜空を見上げるポーズから始まる。着物風の衣装は前面が星を表す黄色、後面は夜空の群青色。振り返る動きと衣装の色がまばゆい。

【宴家】 60人、6回出場
 全員が主役! 家族のようなチームです。体全体を使ったキレの多い振り付けで、角度によって色合いが変化する光沢のある黒の羽織がポイント。

【梅乃連 梅ノ辻町内会踊り子連】 100人、52回出場
 よさこい唯一の町内会チーム。今年のテーマは「一翔懸命」。袖がひらひらとはためく緑とオレンジの衣装で舞い踊る。生ボーカルにも注目。

【エースワングループ】 100人、16回出場
 創業40周年の感謝を踊りで表現。買い物カートを押したり、エースワンらしい振り付けで楽しませます。親子参加の子どもたちも元気いっぱい。

【au】 130人、15回出場
 踊り子全員みんなぁが英雄(au)! スマートフォンをイメージした振り付けはauならでは。CMでおなじみ桃太郎たちも登場する…かも?

【NTTドコモ】 120人、20回出場
 記念すべき20回目の出場を祝う祝宴を表現。鶴と松をモチーフにしたゴージャスな衣装に注目。伸びやかなダンスはまるで鶴が舞うかのよう。

【NTT西日本高知支店】 131人、51回出場
 NTTグループの社員と家族、友人でつくるアットホームなチーム。テンガロンハットやバンダナなどカントリー調の衣装と音楽に心がこもっている。

【NPOうげうげ王国】 130人、10回出場
 チームの4割は県外からの参加。踊り手、観客誰もが気軽に楽しめる踊りがウリ。鳴子を配り、観客を巻き込みながら踊り歩く。飛び入り参加大歓迎!

【M・I(Ⅲ)~ジョン万次郎】 30人、17回出場
 メンバーそれぞれの感性を大切にするチーム。どんな踊りになるかは当日のお楽しみ。その日、その瞬間しか見られない“即興のアート”を体感せよ!

【逢坂夢帆(おおさかゆめふね)】 60人、6回出場
 本場で踊ることを夢見る関西の踊り子が集結。手と手を取り合う振り付けで、団結して夢の舞台へ。今年も奄美民謡の生ボーカルが踊りを輝かせる。

【大津子ども会 よさこいなるこ踊り子隊】 80人、30回出場
 大津小学校の児童と保護者中心のチーム。出場30周年を記念したターコイズブルーのTシャツが目印。「高知家」ならぬ「大津家」の団結力を見せます!

【おおとよ】 55人、12回出場
 緑に黄色が映える衣装は山や福寿草など、大豊町の自然をモチーフにしている。日本舞踊の「タメ」を盛り込んだ振り付けで、しっとりと魅せる。

【大橋通り踊り子隊】 130人、61回出場
 大橋通りは食の街! てんびん部隊を先頭に、店の看板娘を思わせる軽快な振り付けで踊る。高知に住みます芸人でおなじみ淀家萬月さんも登場。

【お喜楽家】 90人、14回出場
 今年も地元香川でステージを重ねて参戦。メンバーそれぞれの表現力を重視した優雅で激しい踊りで魅了します。背中で締める個性的な衣装にも注目。

【お喜楽家~樂~】 80人、3回出場
 弥次さん喜多さんの珍道中をほうふつさせる楽しい曲調。ジャズ調に切り替わる際の手拍子パートが見せ場。空と大地をイメージした爽やかな衣装で。

【おはな】 56人、2回出場
 「土佐の東に来てみいや」の歌詞に合わせ、東洋町の海や自然を踊りで表現。室戸藍で染めたターバンが目印。2度目の出場でやる気満タンです!

【帯屋町筋】 130人、63回出場
 第1回大会から連続出場の伝統チーム。帯屋町筋のはんてんをイメージした白黒ストライプの衣装が特徴。鳴子を最大限に使った踊りで盛り上げる。

【帯屋町筋ジュニア隊】 150人、29回出場
 子どもたちが自ら考えた振り付けを自ら踊る! 「ええじゃないか」の掛け声に合わせ、土佐の陽気さを表現。若い力でよさこいを盛り上げます。

≪か≫
【obrigado 花山海】 100人、10回出場
 記念すべき10回目の参加。今年もボンゴなどの打楽器を使った生演奏に注目。サンバ調の音楽に合わせ緑とオレンジの鮮やかなポンチョ姿で踊ります。

【学校法人沢田学園 みさと幼稚園】 100人、36回出場
 長く愛されるチームを目指そうと、今年のテーマは「みさと笑点」に。座布団を運ぶ山田君をイメージした振り付けでお客さんを笑顔にします。

【学校法人土居学園 くるみ幼稚園】 85人、38回出場
 今年のテーマは「パーフェクト・ヒューマン」。子どもに大人気のお笑いコンビの曲に合わせて踊ります。職員手作りの地方車もきっとパーフェクト。

【学校法人平成学園 ひまわりあとむ幼稚園】 150人、18回出場
 ラメなどキラキラ輝く素材をあしらった衣装が充実。元気いっぱい、笑顔いっぱいの合唱と、園児たちが自画像を飾ったかわいい地方車が楽しく弾む。

【学校法人みかづき学園 みかづき幼稚園】 81人、34回出場
 体を「C」の形にして三日月を表すポーズは必見。元気いっぱいな年長さん。輝けみかづきっこ!きらめけ笑顔!をテーマに自信を持って踊ります。

【学校法人みかづき学園 みかづき第二幼稚園】 85人、35回出場
 園児がみんなでくるっとジャンプする振り付けに注目。お客さんを元気にしたいと練習してきました。正調と沖縄のエイサーに乗せて笑顔を届けます。

【学校法人やまもも学園 芸術学園幼稚園】 85人、25回出場
 「じんばもばんばもよう踊る」「ズッキュン笑ったらわくわくする」。伝統と新しさが融合した歌詞に注目です。パワー全開!笑顔満開!芸術キッズ♪

【学校法人やまもも学園 桜井幼稚園】 87人、25回出場
 桜の形をしたピンクの鳴子が今年も活躍。キュートな踊りと、友達、先生、お父さん、お母さん、みんなの「大好き」を詰め込んだ歌詞にもひと味。

【学生団体コンパスよさこいチーム叢雲(むらくも)】 49人、★初出場
 今年発足の新チーム。自由に楽しく活動するのがモットー。24カウントのフリータイムがあり、踊り子が自由に舞う。お客さんを叢雲一色にします!

【学生よさこいチーム おどりんちゅ】 130人、6回出場
 関東のさまざまな大学から集結。一瞬で過ぎる祭り、夏、学生時代…。「うたかた」のはかなさを描き出す。限られた時間を力いっぱい楽しむ姿をご覧あれ!

【学生よさこいチーム ~粋恋~】 141人、14回出場
 高知大生と高知県立大生が中心。きりっとかっこいい爽やかさや、笑顔の花を咲かせたい思いを込める。衣装も一新、粋恋らしさを表現します。

【上總(かづさ)組】 120人、14回出場
 埼玉県民が土佐のよさこいに憧れ続け、今年で結成25周年。高知の高い太陽と青い空の下で踊るのは特別です。鳴子鳴らして流していこうや!

【華・男衆(フットレスト)】 100人、10回出場
 男前集団の最後のいちびり祭…とくとご覧あれ! お祭り騒ぎから一転、キリッと男前になる展開は注目。ギャップにきゅんとしちゃいな!

【CANAVAL かなばる】 85人、9回出場
 今年は高知の山田太鼓とトリニダード・トバゴのスチールパンのコラボレーションで圧倒! 地方車で生演奏します。両国の融合を味わってください。

【和建設しあわせ踊り隊】 130人、18回出場
 まいてまいて~ハイハイハイハイ! 恒例の振り付け「福餅まき」は今年ももちろんありますよ。高知の町を元気に楽しく盛り上げます。

【上町よさこい鳴子連】 148人、63回出場
 圧巻の63回連続出場。テーマは「大正ロマン~恋せよ乙女~」。いのち短し恋せよ乙女! 恋に夢見る子どもたちにきゅんとしてください。

【鴨っ子魂】 30人、12回出場
 日本中に元気を! 笑顔と声の大きさならどこにも負けません。衣装や振り付けも全部手作り。母校の岡山県立鴨方高校の校歌を取り入れた音楽も注目。

【我楽多(がらくた)】 55人、★初出場
 鬼と人とが丁半ばくちでいざ勝負。このオリジナルストーリーに振り付けや音楽を合わせ、手作りにこだわりました。転調時に音頭調になる箇所は必見。

【香流(がりゅう)~まんで踊り舞~】 94人、9回出場
 出産や子育てのため活動休止をしてから5年、よさこい好きが再集結。親子3代で臨む踊り子も! 子どももおばあちゃんも楽しく踊れるアレンジです。

【華連榛原(はいばら)―かれん―】 46人、2回出場
 静岡県の田舎のおばさんが高知のよさこいに憧れて集結。可憐(かれん)な踊りでいつまでも枯れん! 衣装にある秘密は当日見てのお楽しみです。

【京都チーム「櫻嵐洛(さらら)」】 119人、18回出場
 高知のよさこいを一年の目標にやってきました。一番楽しい特別なよさこいです! テーマは「忍」。キレのある踊りと、素早い衣装チェンジは必見。

【京町・新京橋“ゑびす・しばてん連″】 101人、61回出場
 テーマは「はちきん伝説 よさこい雀」。はちきん娘と陽気なスズメがとんだり跳ねたり。かわいく元気に踊ります。袖の仕掛けにも大注目。

【紀楽蝶】 60人、3回出場
 テーマは「祭」。高知よさこいが大好きなメンバーが和歌山で集結。紀州で楽しく蝶(ちょう)のように踊る。それが紀楽蝶! 美しい蝶が舞い踊ります。

【き・ら・り】 100人、14回出場
 みんながスター! 一人一人が輝く踊りを魅せます。振りを間違えても最高の笑顔は絶やさず、踊ります! 皆さんに笑顔の輪を広げます。

【近畿大学高知県人会】 80人、41回出場
 近畿大学卒業生が中心のチーム。大阪伝統の河内音頭とよさこい節をアレンジした音楽が会場を一つにします。恒例のコスプレもお楽しみに!

【喰人(くいじん) with テックス】 82人、17回出場
 子どもから大人まで年齢層が広く、親子での参加も多いチーム。かっこよくさわやかに踊り抜く姿にご注目を。手作りの地方車にも自信あり。

【空~Qou~】 40人、2回出場
 愛知県から2度目の参加。地元・豊橋市発祥の手筒花火を意識した踊りも取り入れた。桜の木を使った鳴子の音色、虹色の衣装も楽しんでください。

【倉敷 ひやさい】 50人、★初出場
 倉敷市にこの春誕生した、ほっかほかのチーム。踊りも衣装も自分たちで一から考えました。「ひやさい」は倉敷市の方言で石畳の路地の意味です。

【黒崎wavsav】 60人、★初出場
 北九州の商店街を活気づけようと結成されたチーム。10年目にして待ちに待った初高知。“わびさび”を意識しながら九州の元気を伝えます!

【月下桜舞連】 65人、9回出場
 今年も丸亀市から参上。江戸時代の花魁(おいらん)をイメージした衣装で「和」をおしゃれに妖艶に。大人っぽい踊りはナンバーワン! テーマは「華屋敷」。

【介良子ども踊り子隊】 90人、12回出場
 介良小、介良潮見台小の児童で構成されたチーム。テーマは「挑戦」。子どもたちの元気を踊りと大きな掛け声で伝え、校区を越えた交流を楽しみます。

【合~go~】 40人、8回出場
 幼なじみの主婦で2008年に作ったチームも今年が最後の出場に。曲の切り替わりは一緒に手拍子をしてください。最後まで笑顔で踊り切ります。

【皇學館大学よさこい部“雅″】 116人、6回出場
 神様のお膝元、三重県伊勢市からやってきました。伊勢市の「龍神伝説」を激しい踊りで表現します。衣装の赤、青、黒の色の違いも楽しんでください。

【高新RKCグループ】 100人、35回出場
 伝統の瓦版隊は今年も健在。先頭で板と棒を持って踊ります。マスコットキャラクターのにゅーすけとR・ケーシーも登場! 土佐のいいとこ伝えます。

【高知銀行】 64人、61回出場
 生きのいい新入行員が踊り子の中心。若者のフレッシュさをお楽しみください。高銀カラーの赤、青、緑をちりばめた衣装や地方車は今年も健在!

【高知県ユースホステル連】 50人、47回出場
 毎年曲と踊りが同じということもあり、練習はなんと当日午前の2時間のみ。7都府県の旅好きが高知に集います。飛び入り参加も大歓迎!

【高知県立農業大学校】 54人、33回出場
 次世代の農業を担う若者が祭りを盛り上げる。テーマは「花~『咲かそう、農業魂!』~」。花をちりばめた地方車にもご注目ください。

【高知工科大学よさこい踊り子隊】 100人、20回出場
 時代を重ねてはや20回目。地方車からはアカペラサークルの学生が熱唱します。男女で分かれた踊りや文明開化をイメージした衣装もお楽しみに。

【高知高専 学生会】 100人、29回出場
 高専伝統のスコップ隊に加え、今年は初めてフラフ隊も登場だ。校名を書いた旗を2本使用します。生演奏で踊りを盛り上げ、桜のように舞い踊ろう。

【高知市子ども会連合会】 100人、38回出場
 高知市内の小学3~6年生でつくるチーム。子どもたち全員が自らの名前を記入した地方車は必見!はじける笑顔、ぜひうちわであおいであげて。

【高知市役所踊り子隊】 90人、63回出場
 第1回から正調一筋でおなじみ。地方車には「みんなで踊ろう」の思いを込め、多くの踊り子をデザインしました。県内外によさこいをPRします。

【高知信用金庫】 60人、32回出場
物語仕立ての踊りは圧巻。神楽や田楽をイメージした音楽と独特の衣装で高知の夏を彩ります。テーマは「開運招福」。皆さんの幸せを祈願します。

【高知大学医学部よさこいチーム 醫―KUSUSHI―】 55人、36回出場
 音楽も衣装も踊りも全て自分たちの手作り。今年は初めてギターとバイオリンの生演奏にも挑戦します。テーマは「登竜門」。醫の竜にご注目を。

【高知大学南溟寮】 28人、33回出場
 皆さんご存じ南溟寮。いかにバカなことができるかを日々考えています。衣装も各自が好きな格好で。どんな踊りになるかは自分たちも分かりません。

【高知大学よさこいエイサー サークル南風~ぱいかじ~】 65人、12回出場
 エイサーとよさこいのチャンプルー(琉球語で「ごちゃまぜ」)。三線隊の演奏に合わせ、かっこよく勇ましく。そう、獅子(シーサー)のように。

【高知トヨペット(株)西山グループ】 110人、53回出場
 トヨペット60周年。来年はグループ100周年。区切りの年に向けたお祝いの始まり。いつもより派手にやります。一緒に「変化」を楽しみましょう。

【高知リハビリテーション学院・高知学園短期大学合同チーム】 165人、46回出場
 全員学生の若いチーム。「わっしょい」をテーマに元気よく踊ります。衣装や踊りは和風で統一。あふれるエネルギーで土佐の暑い夏を盛り上げまっす!!

【高知りょうまライオンズクラブ】 80人、14回出場
 龍馬とよさこい好きが大集合。音楽、踊りは無論正調。えんじのハッピに白ズボン。小さな子どもも年配者も、自由に楽しく踊るぜよ。

【香南市こどもよさこい連合会】 132人、8回出場
 小学4~6年生が香南市の元気をアピールします。始めと終わりに体全体で表現する「K」のポーズは必見。最高の思い出を作ります!

【こうべりや】 70人、11回出場
 親子連れが多い仲良しチーム。「威風堂々―only wild―」。ロックな曲に合わせ、かっこよく踊ります。私たちの「全て」を見てください。

【國士舞双】 135人、10回出場
 おかげさまで10周年。正調を大切にしてきたチームの軌跡を表します。スピードと力強さが見どころ。後半のコンビネーション演舞もお楽しみに。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: よさこい祭り文化・芸能文化


ページトップへ