2020.10.18 08:44

【動画】宿毛のコスモス新名所に 2ヘクタール見頃

住民らが名所をつくろうと育てたコスモス(宿毛市山奈町山田)
住民らが名所をつくろうと育てたコスモス(宿毛市山奈町山田)

 色鮮やかなコスモスが、宿毛市山奈町山田で見頃を迎えている。住民が2年前から育て始め、今年は約2ヘクタールで咲きそろった。「新しいコスモスの名所にしたい」と話している。

 同市と四万十市をつなぐ国道56号から、田園地帯に延びる市道を約2キロ北上した場所。道路を挟むように、淡いピンクの“じゅうたん”が広がる。

 地区の農家らでつくる「山農会」が、2018年から、「地区が元気になる取り組みを」と発案。わせ米を刈り取った田んぼに種をまき始め、少しずつ範囲を広げてきた。

 14日に友人3人と訪れた宿毛市の女性(67)は「地元にこんな場所ができてうれしい」と笑顔。来年以降も範囲を広げていく予定で、同会の大原初夫会長(73)は「毎年恒例の名所に育てたい。たくさんの人に見に来てもらえれば」と話していた。(新妻亮太)

カテゴリー: 社会幡多

ページトップへ