2020.10.17 08:20

九州豪雨でボランティア指揮 防災団体の山崎水紀夫さん(高知市)

15分の休憩を挟みながら交代で泥出し作業を行うボランティア(7月、大分県日田市=山崎水紀夫さん提供)
15分の休憩を挟みながら交代で泥出し作業を行うボランティア(7月、大分県日田市=山崎水紀夫さん提供)
「密」避け交代で復旧作業  高知県の「専門人材」確保に懸念も
 今年7月の九州豪雨の被災地で52日間にわたり、「高知防災プロジェクト」代表の山崎水紀夫さん(56)=高知市=がボランティアセンターの運営を...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知中央高知のニュース

ページトップへ