2020.10.13 14:37

奈半利町長の減給可決 町議会で説明3分、質問なし ふるさと納税問題

竹﨑和伸町長の減給議案を全会一致で可決した奈半利町議会の臨時会(13日午前、同町議会議場)
竹﨑和伸町長の減給議案を全会一致で可決した奈半利町議会の臨時会(13日午前、同町議会議場)
 高知県安芸郡奈半利町の竹﨑和伸町長は13日、ふるさと納税を巡る一連の問題の責任を取り、自身の給与の40%を6カ月間減額する条例改正案を町議会臨時会に提出した。町長の議案説明はわずか3分足らずで、職員の汚職や不正を許した町の管理態勢への言及は乏しかった。議員の質疑もなく、議案は全会一致で可決された。 
 
 奈半利町では3月以降、ふるさと納税を担当していた地方創生課の元課長補佐ら職員2人が、返礼品業者から賄賂を受け取ったとして高知地検に起訴されている。立件総額は県内汚職事件で過去最高の約9377万円に上る。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ