2020.10.13 08:34

高知県内企業 コロナ影響「底打ち感」 8月、四銀研が調査

「事業にマイナス」微減
 四銀地域経済研究所は12日までに、県内企業の8月時点の新型コロナウイルスの影響をまとめた調査結果を発表した。70%が事業活動にマイナスの影響が出ていると回答。前回4月調査から3ポイント改善し、同研究所は「事業悪化に底打ちの兆しがみられるが、不透明感はぬぐえない」と分析している。

 マイナスの程度別では「大」が前回比4ポイント減の25%、「中」が1ポイント減の22%、「小」が2ポイント増の23%。「影響なし」は1ポイント増の21%で、「プラス」は横ばいの11%だった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ