2020.10.13 08:34

高知県の浜田知事 就任10カ月ようやく公邸に入居

コロナ影響などで遅れ 「腰据えて」
 高知県が実施していた知事公邸(高知市鷹匠町2丁目)の改修が終わり、浜田省司知事が12日に入居した。当初は6月に引っ越す予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で資材の調達が遅れ、ずれ込んでいた。

 知事公邸は溝渕増巳知事当時の1963年の建築で、鉄筋コンクリート造り平屋の公邸部分と、木造2階建ての私邸部分からなる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央

ページトップへ