2020.10.11 08:34

四国六大学野球 工科大 2季ぶり制す

【工科大―高知大】4回裏工科大2死二塁、田辺が左前打を放ち7―2とリードを広げる(香美球場)
【工科大―高知大】4回裏工科大2死二塁、田辺が左前打を放ち7―2とリードを広げる(香美球場)
 硬式野球の四国六大学野球第6週第1日は10日、香美球場で高知工科大―高知大を行い、工科大が10―3の七回コールドで勝利した。工科大はこれで9勝1敗とし、6勝2敗の四国学院大が残り試合を全勝しても及ばないため、昨春以来2季ぶり(今春は中止)のリーグ優勝が決まった。

 工科大は一回、山本と門田(高知高出)の適時打で2点先制。同点とされた直後の三回は2死二塁から、当田の中前打で勝ち越した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ

ページトップへ