2020.10.08 08:45

三山ひろしさん「せられん」生披露 高知市で公演

「せられん」を初披露した三山ひろしさん。カツオ人間、ご当地タレントの土佐かつおさんも駆け付けた(7日午後、高知市本町4丁目の県民文化ホール)
「せられん」を初披露した三山ひろしさん。カツオ人間、ご当地タレントの土佐かつおさんも駆け付けた(7日午後、高知市本町4丁目の県民文化ホール)

 演歌歌手の三山ひろしさんが7日、高知市で開いたコンサートで土佐弁ロック「せられん」を生披露した。「せられん、せられん、いうたろう~」のなじみの節に、ファンは「元気が出る」「最高!」と大盛り上がりだった。

 三山さんは今夏、約40年前に高知でヒットした「せられん」をカツオ人間の依頼でカバー。この日、ファンの前で初披露した。

 演歌調を封印し、ノリノリでシャウト。「クルマの月賦はすんだかね」など、土佐弁のせりふ回しも完璧だった。終演後には「土佐人の血が騒ぐ曲。最初はお客さんもあっぽろけでしたけど、そのうち爆笑。歌っていて気持ち良かった」と話していた。

 この日の様子は県のPRサイト「高知家の○○」で視聴できる。(石丸静香)

ページトップへ