2020.10.07 08:33

高知市のNPO、コロナ関連破綻 蔦屋書店内でカフェ運営

 高知市で親子カフェを運営していたNPO法人「オーガニックスタイルこうち」(同市北久保、大石恵子代表理事)が、高知地裁から破産手続き開始決定を受けたことが6日分かった。帝国データバンク、東京商工リサーチの両高知支店は「新型コロナウイルス関連破綻」だとした。負債総額約2300万円。

 両支店によると、同NPOは食育推進や子育て支援を目的に2018年10月設立。「高知 蔦屋書店」内で「オーガニックスタイルキッチン」を運営していた。19年3月期はカフェの売り上げや寄付金で913万円の収益を計上したが、経費を吸収できず、228万円の赤字だった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ