2020.10.05 08:20

県展 1547人が3039点搬入終了 昨年比217点減

 9日開幕する「第74回高知県美術展覧会(県展)」の作品搬入が4日終了した。全8部門の一般搬入は、1547人から3039点が寄せられた。昨年に比べて86人少なく、作品も217点減った。

 部門別では写真1469点、書道780点、洋画337点、工芸178点、グラフィックデザイン118点、日本画89点、先端美術44点、彫刻24点が寄せられた。写真部門は8月の1次審査で345点の入選内定が決まっている。

 5、6日に審査が行われ、6、7日付高知新聞朝刊で入賞入選作品を発表。また電子版「高知新聞Plus」の会員には審査結果を当日に速報する。いずれも午後7時以降をめどに5日は写真・工芸・グラフィックデザイン・彫刻・先端美術、6日は書道・洋画・日本画の入賞入選者名簿を速報予定。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能県展文化

ページトップへ