2020.10.03 14:40

精魂込めた力作続々 高知市 県展搬入始まる

力作が持ち込まれた県展工芸部門の受け付け会場(3日午前、高知市の「かるぽーと」=佐藤邦昭撮影)
力作が持ち込まれた県展工芸部門の受け付け会場(3日午前、高知市の「かるぽーと」=佐藤邦昭撮影)

 「第74回県展」の作品搬入が3日、高知市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」と同市高須の県立美術館で始まった。両会場にはマスク姿の出品者が次々訪れ、精魂込めた力作を持ち込んだ。搬入は4日午後4時まで。

■高知新聞Plusで、入賞・入選者を<<紙面より早く>>チェック!

 県展は、高知新聞社とRKC高知放送の主催。「かるぽーと」には彫刻、工芸、書道、写真、グラフィックデザインの5部門、県立美術館には洋画、日本画、先端美術の3部門が展示される。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能県展文化高知中央

ページトップへ