2020.10.01 09:00

お花を買って寄付をするコーズリレーテッドマーケティング

「誕生日寄付 with Flowers」を開始


2020年10月1日
報道関係者各位

お花を買って寄付をするコーズリレーテッドマーケティング 「誕生日寄付 with Flowers」を開始

誕生日に寄付をするプラットフォーム「誕生日寄付」(※1)を運営する公益社団法人日本フィランソロピー協会(東京都千代田区/会長 浅野史郎、理事長 髙橋陽子)と「花育(はないく)」(※2)を展開する有限会社椎名洋ラン園(千葉県旭市/代表取締役 椎名正剛)が協働し、お花を買って寄付をするコーズリレーテッドマーケティング「誕生日寄付 with Flowers」を10月1日(水)より開始します。

■「誕生日寄付 with Flowers」の概要
【仕組み】
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009295018-O1-07yU305Z
お花は以下のサイトに直接入って購入することも可能です。
https://groowers.biz/list.php?b_id=12&ag_id=Philan
【支援団体】
お花の購入価格の一部は、「誕生日寄付」が応援する3つのカテゴリの内の1つ「生きるを支える」カテゴリの以下の3団体に届けられます。
・社会福祉法人カリヨン子どもセンター
・社会福祉法人 子供の家 アフターケア相談所 ゆずりは
・一般社団法人 若草プロジェクト

【公益社団法人日本フィランソロピー協会について】
1963 年設立、 1991 年よりフィランソロピーの推進事業を開始。 2009 年に公益社団法人としての認定を受ける。企業の CSR社会貢献担当者を対象としたセミナ-開催や、従業員などのボランティアや寄付のコーディネート、さらに、「誕生日寄付」事業を通じて、個人の寄付文化の醸成に注力。民間の果たす公益の主体となる企業や個人の社会参加意識を高め、 公正で活力ある心豊かな社会の実現を目指す。会員企業は 129社 (2020 年10月1日現在 ) 。
ホームページ : https://www.philanthropy.or.jp/

※1 誕生日寄付
誰にも平等にある いのちを授かった日=「誕生日」に、いのちに感謝し、それを寄付という形で表す文化を広げるべく、公益社団法人日本フィランソロピー協会が2019年に立ち上げた事業。寄付は、「子どもたちの今を支え、未来に投資する」というコンセプトの基に、困難を抱える子どもたちを支援する団体へ届けられる。
当協会は、1998年に、社会的な課題解決のために寄付をした人を顕彰する「まちかどのフィランソロピスト賞」(※3)を創設。20回目となる2017年の特別賞 受賞者は、日本サッカー協会 相談役 川淵三郎氏だった。川淵氏は、25年以上、自身の誕生日に寄付をしておられた。これにヒントを得、同賞は20年で終了し、寄付行動をより具体的にサポートすることを目的に、個人が誕生日に寄付をするプラットフォームを構築・運営し、本事業を推進している。
(2019年1月23日 日本経済新聞電子版に掲載された「誕生日に子供向け寄付を 日本フィランソロピー協会が事業立ち上げ」をご参照)https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40320110S9A120C1CC1000/ 

誕生日寄付ウェブサイト https://www.birthday-donation.jp/

◆「誕生日寄付」の流れ
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009295018-O2-4suX7b0d


◆「誕生日寄付」の賛同人(2020年10月1日現在)
瀬戸内 寂聴 小説家・天台宗尼僧
川淵 三郎  公益財団法人日本サッカー協会相談役
前野 隆司  慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授
米倉 誠一郎 法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科 教授
加藤 登紀子 シンガーソングライター
渋澤 健   コモンズ投信株式会社取締役会長
日比野 克彦 東京藝術大学美術学部長
竹川 隆司  東北風土マラソン創始者実行委員会副実行委員長
岡本 和久  I-Oウェルス・アドバイザーズ株式会社代表取締役社長
伊藤 宏一  千葉商科大学人間社会学部 教授
小宮山 宏  三菱総合研究所 理事長
古賀 良彦  杏林大学 名誉教授
板東 久美子 日本司法支援センター 理事長
加賀美 由加里  ドーメル・ジャポン株式会社会長
土谷 貞雄  株式会社貞雄 代表
盛田 淳夫  敷島製パン株式会社代表取締役 社長
宗次 徳二  株式会社壱番屋創業者特別顧問
残間 里江子 プロデューサー
中村 陽一  立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 教授
澤上 篤人  株式会社さわかみホールディングス代表取締役
(敬称略 順不同)

※2 花育(はないく)
花や緑に親しみ・育てる機会を通して、子どもたちにやさしさや美しさを感じる気持ちを育む活動。農林水産省が文部科学省および国土交通省と連携し、この活動を推進している。

※3 まちかどのフィランソロピスト賞
日本における「寄付文化の醸成」を目的として、社会のために私財を投じた「個人」を顕彰するため、当協会が、1998年から2017年の間、実施した事業。2005年に「青少年部門」を設け、2010年からは文部科学省の後援のもと「青少年フィランソロピスト賞」として内容を拡充。次世代を担う子どもたちの寄付活動も推奨した。

以上



【業種】:各種団体

【URL】:https://kyodonewsprwire.jp/release/202009295018
カテゴリー: プレスリリース

ページトップへ