2020.09.25 08:43

本選出場枠40校に拡大 来夏の第30回まんが甲子園

 来年夏に第30回を迎える全国高等学校漫画選手権大会(まんが甲子園)について、主催する県とまんが王国・土佐推進協議会(県や商工団体などで組織)は、記念大会として本選出場枠を従来の33校から40校に増やし、生徒同士の交流会を拡充する。高知市内で24日に開かれた同協議会総会で方針を示した。

 まんが甲子園は1992年に始まった。近年は予選を通過した国内30校、海外3校の生徒約150人が、同市内で2日間開かれる本選大会に出場。閉会式終了後には、スタッフの地元高校生も含めた交流会が会場で開かれ、生徒同士の親交を深めている。今夏は第29回大会が開かれる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止された。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能まんが甲子園主要まんが

ページトップへ