2020.09.24 08:34

かるぽーと改修に疑問噴出 執行部は日程理由に「変更困難」 高知市議会

 高知市議会9月定例会は23日、予算決算常任委員会の各分科会を開いた。経済文教分科会では、9月補正に40億円を盛り込んでいる高知市文化プラザ「かるぽーと」(九反田)の大規模改修について議論を拙速に進めることに議会側から疑問、批判的な意見が続き、執行部は早期改修の必要性を訴えて理解を求めた。

 かるぽーとは開館から18年が経過し、市は劣化した建物の補修や舞台設備の更新に115億円が必要と試算。2022年4月から2023年6月まで休館し、安全性の確保や法令への適合など優先度の高い40億円分を先行実施する。

【関連記事】かるぽーと改修費、高い? 先行40億円 総額115億円 高知市メンテナンス怠る
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央

ページトップへ