2020.09.23 08:35

高知県伝承工芸展 手仕事の技光る450点 現代の名工ら出品

現代の名工らが作った作品約450点が並ぶ県伝承工芸展(高知市のかるぽーと)
現代の名工らが作った作品約450点が並ぶ県伝承工芸展(高知市のかるぽーと)
 高知県内の伝統的な工芸品を集めた「高知県伝承工芸展」が22日、高知市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」で始まった。27日まで。

 会場には「現代の名工」3人、「土佐の匠(たくみ)」5人ら県内作家14人の作品約450点を展示。

 サンゴを粉末にし絵の具として使った「サンゴ抹画」では、赤、ピンク、白、黄緑など色とりどりのサンゴで描いたネズミの絵のほか、来年のえとである「丑(うし)」の漢字を書道のような筆致で描いた作品も。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高知中央

ページトップへ