2020.09.22 08:42

高知城がオレンジ色に アルツハイマーデーでライトアップ

オレンジ色にライトアップされた高知城(21日夜=森本敦士撮影)
オレンジ色にライトアップされた高知城(21日夜=森本敦士撮影)

 「世界アルツハイマーデー」の21日、県はアルツハイマー病や認知症への理解を深めてもらおうと、高知城を認知症支援のシンボルカラーであるオレンジ色にライトアップした。

 今年で5年目。全国約60カ所のランドマークもオレンジ色に染まった。県によると、県内の認知症患者は増加傾向にあり、年内に4万人を超すと推計されるという。

 スマートフォンで撮影していた高知市の橋本直子さん(62)は「母が92歳で、認知症になるかもしれない。毎日顔を合わせて見守っていきたい」と城を見上げた。(乙井康弘)

カテゴリー: 社会高知中央

ページトップへ