2020.09.20 08:50

4連休初日の高知県内、マスク姿の家族らでにぎわう 宿泊、交通も回復傾向

観光客でにぎわう県立足摺海洋館「SATOUMI」(19日午後1時50分ごろ、土佐清水市三崎)
観光客でにぎわう県立足摺海洋館「SATOUMI」(19日午後1時50分ごろ、土佐清水市三崎)

 秋の4連休初日となった19日、高知県内の観光スポットはマスク姿の家族連れらでにぎわった。5月連休と比べると、空の便やJRの利用は回復傾向にあり、高知市のホテルでは満室も。観光客らは新型コロナウイルスの感染防止に気を配りつつ、思い思いに秋の土佐路を楽しんだ。

 7月にリニューアルオープンした県立足摺海洋館「SATOUMI」(土佐清水市三崎)には約1600人が訪れた。「最近の日曜日と同じぐらい」と足摺海洋館。うち55%が県外で、特に愛媛県からが突出したという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会新型コロナウイルス社会

ページトップへ