2020.09.20 08:00

小社会 イグ・ノーベル賞

 高知市のオーテピア高知図書館敷地に立つ寺田寅彦像。台座に刻まれているのは、寅彦の口癖だった「ねえ君 ふしぎだと思いませんか」。

 ツバキの花の落下や線香花火の燃え方など、普通なら見過ごしてしまう身の回りの不思議を克明に観察し分析した寅彦。素朴な疑問こそが科学する心の原点である。この人たちの研究の出発点もきっと同じだろう。

 人を笑わせ、考えさせる業績に贈られる「イグ・ノーベル賞」。今年は音響賞に京都大の西村剛准教授らのチームが選ばれた。ワニにヘリウムガスを吸わせると、うなり声が高くなる。このことから空気を共鳴させる発声法が、人間と同じであることを突き止めた。

 人類の役に立つという研究ではないかもしれない。しかしワニと分類上近い恐竜も同じように発声していたかも、と聞けばロマンが広がる。一方、医学教育学賞は米国など9カ国首脳に。理由は「政治家が学者や医師よりも生死に影響を及ぼすことを知らしめた」から。

 新型コロナウイルスを巡りトランプ米大統領が「抗マラリア薬が効果がある」と言えば、ブラジル大統領は「ちょっとした風邪」、ベラルーシ大統領も「ウオッカやサウナが効く」。授賞は無責任な言動への痛烈な皮肉である。

 自然の不思議は自分の目で驚異しなければならぬ―これも寅彦の教えだ。確かな事実に基づいて判断し行動する。一国のリーダーならなおさらである。


9月20日のこよみ。
旧暦の8月4日に当たります。ひのえ とら 一白 大安。
日の出は5時52分、日の入りは18時05分。
月の出は8時44分、月の入りは20時09分、月齢は2.7です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で1時28分、潮位38センチと、13時48分、潮位51センチです。
満潮は7時43分、潮位207センチと、19時49分、潮位204センチです。

9月21日のこよみ。
旧暦の8月5日に当たります。 ひのと う 九紫 赤口。
日の出は5時53分、日の入りは18時04分。
月の出は9時55分、月の入りは20時49分、月齢は3.7です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で2時09分、潮位36センチと、14時25分、潮位72センチです。
満潮は8時32分、潮位195センチと、20時20分、潮位196センチです。

カテゴリー: 小社会コラム

ページトップへ