2020.09.19 08:35

ゲーム関連「オートクチュール」高知進出 4年後18人態勢計画

高知市への進出について説明する中村晋矢社長=右(18日午前、県庁)
高知市への進出について説明する中村晋矢社長=右(18日午前、県庁)
 ゲームや広告関連事業を手掛ける「オートクチュール」(東京都港区、中村晋矢社長)は18日、高知市への事業所開設を発表した。アニメーション制作を主な業務として、今春から3人態勢でスタート。地元雇用を進めて2024年に18人態勢を計画している。

 オートクチュール社は2011年設立。ゲームの開発やイラスト制作のほか、企業や新商品のブランディング事業なども手掛ける。従業員は43人で、20年2月期の売上高は5億円。人材確保やオフィス分散の観点から松山、京都、仙台、札幌、シンガポールに事業所を構える。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央

ページトップへ