2020.09.18 08:43

「GoToイート券」11/2発売 高知県内参加店9/18から募集

 新型コロナウイルス感染を受けた国の飲食業の支援策「GoToEat(イート)」の高知県内での実施概要が固まった。1枚500円の食事券計1250万枚、総額62億5千万円分を発行し、11月2日に発売する。参加を希望する飲食店の先行募集を18日から始める。

 「GoToイート」は、農林水産省が新型コロナで打撃を受けた飲食業界を支援する取り組みで、購入額に25%上乗せした食事券を発行して消費を促す。

 県内では、高知商工会議所や県商工会連合会、金融機関などでつくる団体「Go To Eat 食事券発行事業コンソーシアムこうち」が事業を受託。ファミリーマートで1セット8千円の食事券(額面1万円)、県内6カ所の商工会議所と25カ所の商工会で1セット4千円の食事券(額面5千円)を取り扱う。

 「GoToイート」への参加店は、県と市が監修する感染症対策ガイドラインなどの順守が必要。「GoToイート」への登録は、10月1日から始まる国の観光支援事業「GoToトラベル」地域共通クーポン制度への参加要件にもなっており、18日からの募集はクーポン制度への参加希望店が対象となる。「GoToイート」のみ参加希望の店向けには10月1日から再び募集する予定。

 高知商工会議所のサイトから申込書を入手可。問い合わせは高知商工会議所(088・875・1170)、高知県商工会連合会(088・846・2111)へ。(河本真澄)

カテゴリー: 主要政治・経済

ページトップへ