2020.09.13 08:40

長宗我部の居城、岡豊城跡で「土佐の七雄」家紋印集めを 高知県立歴民館

スタンプコンプリートでもらえる特製の御城印
スタンプコンプリートでもらえる特製の御城印
2021年2月までスタンプラリー
 長宗我部氏の居城だった国史跡の岡豊城跡を散策するスタンプラリーが、南国市岡豊町の岡豊山歴史公園で行われている。スタンプは「土佐の七雄」に数えられる8氏族の家紋で、記念品に御城印(ごじょういん)や特製缶バッジを用意。歴史ファンの心をくすぐり、「続日本100名城」に選ばれた岡豊城をPRする。来年2月28日まで。

 耐震工事に伴い休館中の県立歴史民俗資料館が、「自力で岡豊山を楽しんでもらおう」と企画。標高97メートルの頂上部にある詰(つめ)、二重の堀切と畝状竪堀で固めた伝厩跡曲輪(でんうまやあとくるわ)など8カ所のポイントを巡り押印すると、公園内の山村民家で記念品がもらえる。

 スタンプは一條、長宗我部、本山、安芸、大平、津野、吉良、香宗我部の8氏の家紋。台紙には各氏の城址や遺構などの情報も掲載されており、歴史を学びながら散策できる。

 30日と10月18日には、高知県立大学の学生が地域学実習の場にラリーを活用。同館学芸員による解説もあり、一般も聴講できる。

 城跡めぐりの高低差は約40メートルで、所要時間は最短約30分。御城印は3種類あり、2カ月ごとに入れ替える。同館は「戦国期の土佐に思いをはせ、楽しく健康になりませんか」と呼び掛けている。

 高知家健康パスポートの対象で参加無料。午前9時~午後4時半(年末年始を除く)。問い合わせは同館(088・862・2211)へ。(横田宰成)

カテゴリー: 文化・芸能祭事・イベント香長

ページトップへ