2020.09.12 08:15

新型コロナ 高知県内で3人感染 障害者施設関連21人に

 高知県と高知市は11日、新たに高知市在住の3人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。いずれも既に感染が判明している人の接触者で、1人はクラスター(感染者集団)が発生した知的障害者支援施設「あじさい園」の職員。3人とも軽症か無症状。県内で確認された感染者は137人となった。

 あじさい園職員の30代男性は、施設で感染者が出た後の2回のPCR検査ではいずれも陰性だった。8月29日、入浴介助した入所者の感染が判明。9月9日からせきなどを発症し、改めて検査したところ感染が分かった。

 高知市保健所は「職員は常時マスクをしていた」などとして濃厚接触者はいないとしている。あじさい園の感染者の確認は8月30日以来で、関連の感染者は21人となった。

 ほかの2人の感染者は、30代男性会社員と10歳未満の未就学女児の親子で、クラスターが発生した親族旅行参加者の関係者。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要社会新型コロナウイルス社会

ページトップへ