2020.09.11 14:37

高知県中西部に猛烈な雨 黒潮町で時間120ミリ以上か

激しい雨に見舞われた高知市(11日午前11時ごろ、高知市本町2丁目=森本敦士撮影)
激しい雨に見舞われた高知市(11日午前11時ごろ、高知市本町2丁目=森本敦士撮影)
 高知県内は11日午前、西日本から東日本にかけて停滞した前線の影響で中部と西部を中心に大雨が降った。気象庁はレーダー解析により幡多郡黒潮町付近で同日午前8時までの1時間に120ミリ以上の大雨が降ったとして「記録的短時間大雨情報」を発表した。
 
 県が黒潮町に設置した雨量計は、午前8時までの1時間に94ミリの猛烈な雨を観測した。須崎市でも午前10時までに86ミリの雨が降った。県によると、11日正午までに浸水などの被害は確認されていない。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学

ページトップへ