2020.09.11 08:32

海洋堂新社長が「南国市ものづくりサポートセンター」視察

「南国市ものづくりサポートセンター」の建設現場で説明を受ける海洋堂の佐藤哲郎社長=右から3人目=と宮脇修一専務=左端(同市大埇甲)
「南国市ものづくりサポートセンター」の建設現場で説明を受ける海洋堂の佐藤哲郎社長=右から3人目=と宮脇修一専務=左端(同市大埇甲)
 「新しい風吹かせたい」
 フィギュアメーカー、海洋堂(大阪府門真市)の佐藤哲郎新社長(61)と宮脇修一専務(63)が10日、南国市が建設中の「南国市ものづくりサポートセンター」(南国市大埇甲)を視察した。1階には海洋堂のフィギュア専門工房が入居予定で、佐藤社長らは「海洋堂56年のノウハウを注入し、南国市からものづくりの新しい風を世界へ吹かせたい」と抱負を語った。

 海洋堂は、6月のMSD企業投資(東京都)との資本業務提携を機に経営体制を刷新。8月に就任した佐藤社長は9~12日の日程で高知を訪れ、海洋堂関連施設などを回る。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 政治・経済海洋堂香長文化

ページトップへ