2020.09.11 08:37

不正操作し停電 容疑で四電工社員を逮捕 7件5000戸被害か

周辺の約千戸が停電する不正操作がされた電柱(昨年8月8日夜、高知市横浜東町=四国電力送配電提供)
周辺の約千戸が停電する不正操作がされた電柱(昨年8月8日夜、高知市横浜東町=四国電力送配電提供)
 電柱の配電装置を不正に操作し、高知市の民家など千戸以上を停電させたとして高知南署は10日、電気事業法違反と威力業務妨害の疑いで高知市一宮中町2丁目、四国電力グループ「四電工」社員、男性容疑者(26)を逮捕した。同様の不正操作は、2015年から昨年8月にかけて高知市と南国市で7件発生。計5千戸余りが停電しており、高知南署が関連を調べる。

 逮捕容疑は昨年8月8日午後10時12分ごろ、高知市横浜東町の電柱の高圧開閉器を不正に操作して送電を停止させ、四国電力の業務を妨害した疑い。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会事件事故高知中央

ページトップへ