2020.09.10 08:31

五輪・パラ「おもてなしコンテスト」県立農大が入賞 大臣と交流

橋本聖子五輪相と意見交換する学生ら(いの町の県立農業大学校)
橋本聖子五輪相と意見交換する学生ら(いの町の県立農業大学校)
 東京五輪・パラリンピックで来日する選手らを、安全認証(GAP)を受けた食材でもてなす企画を競う「おもてなしコンテスト」で、高知県吾川郡いの町波川の県立農業大学校が入賞した。生徒らは9日、橋本聖子五輪相とウェブ上で意見交換し、「五輪を身近に感じることができた」と振り返った。

 おもてなしコンテストは、全国の農業高校などを対象に、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局が昨年度開催。全国40チームが参加し、各校が生産するGAP食材を使った外国人向けメニューを競った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会東京五輪スポーツ高知中央

ページトップへ