2020.09.10 08:32

コロナ時に福祉職員を融通 県が月内に協力施設公募

 社会福祉施設で新型コロナウイルス感染が起きた場合でも業務が続けられるように、高知県は施設間で職員を融通する態勢を整備することを決めた。9月中に職員派遣に協力してくれる施設の公募を始める。

 社会福祉施設は、介助の必要な高齢者や障害者と近距離で接するため感染が広がりやすい。8月に高知市の知的障害者支援施設で職員7人を含む19人が感染するなど、県内外でクラスター(感染者集団)が発生している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会新型コロナウイルス社会

ページトップへ