2020.08.28 08:45

セネガルショウノガンにひな 3年ぶり 国内唯一「のいち動物公園」だけ飼育

餌の昆虫をもらうセネガルショウノガンのひな。うまくのみ込めずに落とすたび、母鳥が渡し直すという (香南市の県立のいち動物公園)
餌の昆虫をもらうセネガルショウノガンのひな。うまくのみ込めずに落とすたび、母鳥が渡し直すという (香南市の県立のいち動物公園)
 高知県香南市野市町の県立のいち動物公園でこのほど、国内の動物園で唯一飼育されているアフリカ原産の鳥「セネガルショウノガン」のひな1羽がふ化した。繁殖の成功は3年ぶり。展示場のバックヤードで母鳥の世話を受け、すくすくと成長している。

 草原やサバンナなどの陸上で生息するツル目ノガン科の鳥で、体長は最大約50センチ。ワシントン条約で、輸出国の許可が無い国際取引は禁止されている。

 「のいち動物公園」では1996年から飼育。2003年に国内初のふ化に成功し、ひな4羽がかえった。現在、成鳥は5羽いる。

 ここ2年は無精卵が続いていたが、7月27日に産んだ卵を母鳥が温め、8月18日に無事ふ化した。ヒョウ柄に似た模様は成鳥と同様で、草の中や親鳥に紛れる保護色という。

 職員によると、「群れに仲間入りできるのは、もっと体が大きくなってから」で、一般公開の時期は未定。ひなは母鳥がくわえて運んできた餌の昆虫を食べて、元気に成長している。

 ちなみに成鳥たちは、人が近づくと縄張りを守るために雄が「グァッッッパッ!」と大合唱する。隣の人の話も聞こえなくなるほどの甲高い鳴き声が、展示場の〝目印〟だ。 (横田宰成)

ページトップへ