2020.08.11 14:39

高知市立自由民権記念館開館30周年記念企画展 楠瀬喜多没後100年「民権ばあさんと女性参政権」

 高知市立自由民権記念館の主催。高知市立自由民権記念館は、今年開館30周年を迎えます。これまで、土佐の自由民権運動を中心に、自由民権運動以外にも、近代史に関する様々なテーマについて企画展を行ってきました。
 
 開館から30周年となる本年は、女性として日本で初めて参政権を要求した「民権ばあさん」こと楠瀬喜多の没後100年となる年でもあります。そこで今回は、女性が参政権を獲得する過程にスポットを当てた企画展を開催します。女性参政権獲得のために奔走した高知の女性民権家や、平塚らいてうや市川房江など、女性先覚者たちの活動の紹介を通して、土佐の自由民権運動の果たした役割や、女性参政権運動の今日的な意義を見つめ直します。
 
開催日 10月10日~11月29日(月曜日、祝日の翌日は休館)
場所 高知市立自由民権記念館 1階 自由ギャラリー
住所 高知市桟橋通4丁目
時間 9時半~17時
入場料・参加料 一般=320円、こども(小・中学生・高校生)=無料
団体=250円
カテゴリー: 見に行く学習・講演会

ページトップへ