2020.08.11 08:35

馬淵監督「やっぱり最高」甲子園交流試合、いつも通りのしぶとい野球

9回裏、攻撃前の円陣で選手に語り掛ける馬淵史郎・明徳義塾高監督
9回裏、攻撃前の円陣で選手に語り掛ける馬淵史郎・明徳義塾高監督
 昨年まで甲子園大会通算51勝を誇る明徳義塾の馬淵史郎監督が10日、2020年甲子園交流試合の第2試合で采配を振り、鳥取城北に6―5で逆転サヨナラ勝ちした。いつも通りのしぶとい野球を展開して「やっぱり甲子園はいい。選手は365日このためにやっている。最高の舞台」と余韻に浸った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ