2020.08.07 08:33

2020こうち総文 総合開会式 文化が繋ぐ高校生の絆 

総合開会式グランドフィナーレで手を振る高知の高校生たち(6日午後、高知市の「かるぽーと」=新田祐也撮影)
総合開会式グランドフィナーレで手を振る高知の高校生たち(6日午後、高知市の「かるぽーと」=新田祐也撮影)
 第44回全国高校総合文化祭「2020こうち総文」の総合開会式が6日、高知市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」で行われた。新型コロナウイルスの影響で県外から来場できず、総文初のインターネットでライブ配信。「通常ではないこの総文が、皆さんの希望になるように」と発信し、全国の高校生との繋(つな)がりや文化の力で困難を乗り越えようとアピールした。
 
 総合開会式は、開催地の高校生が力を結集してつくり上げる、総文のハイライトとなるステージ。ウェブ中心の開催となったものの、実際の活動発表や競技、展示のフィナーレを飾る晴れの舞台として残された。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 教育こうち総文教育高知中央

ページトップへ