2020.08.06 14:37

須崎港の新生児遺棄容疑で母逮捕 「報道見て怖くなった」

 4日に高知県須崎市の須崎港で生後間もない男児の遺体が見つかった事件で、須崎署は6日、死体遺棄容疑で須崎市大間本町の自称調理員、女性容疑者(22)を逮捕した。女性容疑者は自分が産んだ男児だと認め、「報道を見て怖くなり出頭した。(男児の)発見場所近くの海に遺体を捨てた」と供述しているという。

 逮捕容疑は、4日ごろ、須崎湾の周辺に男児の遺体を遺棄した疑い。男児に目立った外傷はないといい、須崎署は6日にも司法解剖を行って死因を調べる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会事件事故高知中央

ページトップへ