2020.08.05 14:40

返礼品業者 贈賄認める 奈半利町ふるさと納税事件 初公判

町職員が依頼 検察指摘
 高知県安芸郡奈半利町のふるさと納税を巡る汚職事件で約180万円の贈賄罪などに問われている同町の返礼品業者「通成(みちなり)水産」社長、松村通成被告(30)の初公判が5日、高知地裁で開かれた。松村被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。
 
 起訴状によると、松村被告は2018年3~6月、通成水産の「アーモンド小魚」が町の返礼品として継続的に発注されるよう、町地方創生課の元課長補佐、柏木雄太被告(41)に請託。18年9月~19年2月に4回、計約180万円を賄賂として同課元課長、森岡克博被告(45)が管理する銀行口座に振り込んだ―としている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ