2020.08.03 08:33

新聞バッグを旅の思い出に 高知空港ビルで1300枚配布

配布を始めた新聞エコバッグ。「高知らしさ」が詰まっている(高知龍馬空港)
配布を始めた新聞エコバッグ。「高知らしさ」が詰まっている(高知龍馬空港)
 高知龍馬空港のターミナルビルを運営する「高知空港ビル」が1日から、直営店の利用客に新聞バッグを配布している。高知新聞を使って社員が1300枚を手作り。旅客からも「おしゃれで、高知の思い出になる」と好評だ。

 新型コロナウイルスの影響で発着便が減少したのに伴い、高知空港ビルは業務の空き時間を活用した社会貢献活動を展開。5月には社員が縫った雑巾700枚を南国市教育委員会に贈った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会新聞バッグ社会

ページトップへ