2020.08.03 08:40

駆除サメをペットフードに 犬にも「好評」 黒潮町の漁師加工

サメをさばく松田達治さん=右=と浜田快周さん(黒潮町の入野漁港)
サメをさばく松田達治さん=右=と浜田快周さん(黒潮町の入野漁港)
収入増と両立期待
 高知県幡多郡黒潮町のはえ縄漁師が、長年食害に悩まされてきたサメを活用し、主に犬向けのペットフードへ生まれ変わらせている。漁業被害をもたらす“憎いやつ”は犬好みの食材に変わり、高知市のペットフード店で売れ行き好調。駆除と収入増を両立させる新たな活用モデルとして、期待が寄せられている。

トガリツノザメを天日干ししたペットフード(「ドッグズライフ」提供)
トガリツノザメを天日干ししたペットフード(「ドッグズライフ」提供)
 サメのペットフードを生産するのは黒潮町入野の松田達治さん(51)と妻の美和さん(52)、松田さんの漁船に乗り組む浜田快周さん(28)。松田さんは漁師歴34年で、アカムツ(ノドグロ)を狙う深海はえ縄漁などを営んでいる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会幡多

ページトップへ