2020.08.02 08:40

【高校野球県夏季特別大会】第7日 明徳―高知きょう8/2決勝

 高校野球の「2020県夏季特別大会」第7日は1日、春野球場で準決勝を行った。第1試合は第1シードの明徳義塾が10―0の五回コールドで第4シードの高知商に勝利。第2試合はノーシードの高知が4―2で第3シードの岡豊を退けた。

【決勝戦は携帯サイト「高知新聞 とさあち」でイニング速報】

 明徳は三回、新地の中前打を足掛かりに失策、合田の内野安打で無死満塁とし、鈴木が押し出しを選んで先制。2死後、竹下の右前打で2点を追加した。五回には竹下の犠飛に寺崎の中前適時打で2点を加えた後、今釘、奥野、合田、鈴木の4長短打などで5点を奪い、コールドゲームに持ち込んだ。高知商打線は明徳エース新地にわずか2安打に封じ込められた。

 高知は二回、津野、中越の連続適時打で2点を先制。1点かえされた直後の五回には浜田の2点適時打で再び、引き離した。エース安岡は130キロ台後半の直球を軸に岡豊打線を5安打2失点に抑える力投で優位に試合を進めた。岡豊は先発左腕田中が5回で4失点したものの、継投の川村が無失点の好投。打線も最終回、吉村の二塁打、山本塁の犠飛などで反撃に転じたが、届かなかった。

 2日は春野球場で午後2時から決勝の明徳―高知を行う。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ

ページトップへ