2020.08.01 14:31

小松帯刀の功績紹介する企画展 高知市・龍馬の生まれたまち記念館

小松帯刀を紹介する資料を見学する来館者(高知市の龍馬の生まれたまち記念館)
小松帯刀を紹介する資料を見学する来館者(高知市の龍馬の生まれたまち記念館)
 幕末期を生きた薩摩藩家老で、薩長同盟に深く関わった小松帯刀(たてわき)(1835~70年)を紹介する企画展が、高知市上町2丁目の龍馬の生まれたまち記念館で開かれている。24日まで。
 
 「没後150年 薩摩藩家老・小松帯刀と幕末政局」と題し、小松の生涯や薩摩藩の動向などを30枚のパネルで紹介している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高知中央

ページトップへ