2020.08.01 08:45

高知県内の観光割引キャンペーン本格化 宿泊半額やクーポン

コロナの落ち込み回復を
 8月1日から県内各地で観光施設や自然体験の利用料値下げなどのキャンペーンが本格化する。政府の臨時交付金を活用して宿泊料金を半額にしたり、お得なクーポンを配布したりと、どこも大盤振る舞い。新型コロナウイルスで落ち込む観光需要の回復を目指す。
 
 土佐郡土佐町の土佐さめうら観光協会は1日から、道の駅「土佐さめうら」とネットショップで、町内の宿泊施設や観光体験など42カ所で使える1万円分のクーポンを3千円で販売。町の観光事業「土佐の里山めぐり体験博『とさんぽ』」に参加し、アンケートに答えた人には7千円分のクーポンを贈る。
 
 長岡郡大豊町は、町内の宿泊施設や観光体験の料金を最大半額にするキャンペーンを実施中。施設ごとに人数や期間の制限があり、予約する際にキャンペーンを利用する旨を伝えれば活用できる。
 
 幡多6市町村と幡多広域観光協議会は、1日から約500店で使える5千円分のクーポン1万部を、幡多の宿泊施設約80カ所に配布する。クーポン付き宿泊プランを予約すればもらえる仕組みだ。
 
 高幡5市町村と高幡広域市町村圏事務組合も1日から、飲食店や宿泊施設で使える1万円分のクーポンを5千円で販売。管内の道の駅や観光協会など20カ所で購入できる。
 
 高岡郡梼原町の商工会も1日から、町内の宿泊施設に3千円分のクーポンを配布。宿泊者はクーポンを受け取ることができる。
 
 また県は、県内の宿泊旅行者を対象に交通費を最大5千円助成している。宿泊証明書や交付申請書などの必要書類を「県観光リカバリーキャンペーン」事務局に郵送する。(河本真澄)

関連記事

もっと見る

ページトップへ