2020.08.01 08:25

「志と誇りもらった」 李登輝氏に高知からしのぶ声

龍馬像を見物する李登輝元総統。隣は曽文恵夫人(2009年9月6日、高知市の桂浜)
龍馬像を見物する李登輝元総統。隣は曽文恵夫人(2009年9月6日、高知市の桂浜)
 7月30日に亡くなった台湾の李登輝元総統は坂本龍馬を敬愛。その縁で、2009年に高知県を訪れ、12年には台湾で高知県の龍馬関係者ら約40人の表敬訪問も受けた。「私心のない人でした」。県関係者からも、しのぶ声が上がった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会

ページトップへ