2020.08.01 08:44

まんが甲子園増刊号の作品公開、投票始まる あす8/2ニコ生配信

国内外の高校生が描いた1枚漫画作品を見て、投票できるサイト
国内外の高校生が描いた1枚漫画作品を見て、投票できるサイト
 中止になった全国高等学校漫画選手権大会(まんが甲子園)の代わりに、高校生を対象に行うウェブイベント「まんが甲子園増刊号」(県、まんが王国・土佐推進協議会主催)の1枚漫画募集企画に寄せられた作品の公開と一般投票が31日、専用サイトで始まった。作品下の「えいねー」ボタンで、誰でも好きな作品を応援できる。
 
 募集テーマは「新しすぎる生活様式」。 ウェブ投稿は8月2日正午まで受け付け中だが、既に国内と韓国、台湾、シンガポールの生徒から300点以上が寄せられている。
 
 「まんが甲子園オンライン」と題した専用サイトには、新型コロナウイルスの影響でまんが甲子園が中止された悔しさを晴らすように、技術とユーモアを発揮した力作が集結。大胆な発想や、ナンセンスな展開で未来の暮らしなどを描いた作品が並ぶ。
 
 投票は3日午後1時までで、同一作品に投票できるのは1日1回のみ。一般投票の上位作品と、審査員の漫画家8人が選んだ作品を合わせ、最大20点が最終審査へ進む。漫画家のリモート協議を経て、5日に最優秀賞などが発表される。
 
 まんが甲子園増刊号は、全国高校総合文化祭「2020こうち総文」にまんが部門として参加。総文の特設サイトでは、漫画家のちばてつやさんからペン児へのメッセージ動画も見られる。
 
 ◆  ◆ 
 
 まんが甲子園増刊号の関連企画として2日午前10時~午後2時、動画サイト「ニコニコ生放送」を通じて生配信イベントが行われる。人気アニメ「ガールズ&パンツァー」の漫画版を手掛けた弐尉(にい)マルコさんのライブドローイングや、漫画家と高校生の大喜利対決、県内生徒が描いた黒板アートの紹介などのプログラムが用意されている。(徳澄裕子)

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要文化・芸能まんが甲子園まんが

ページトップへ