2020.07.30 14:35

新型コロナ ごとごとやりゆう(29)サプライズ花火の仕掛け人

 新型コロナウイルスにより、高知の暮らしに影響が出ています。悩む人、苦しい人、それでも前を向く人…。いろいろあるけど、ごとごと(ゆっくり)やりゆうよ―。そんな人たちを紹介します。話を聞きに行きます。少し距離を保ちながら。

花火を宣伝するチラシを配っている小笠原和也さん(高知市はりまや町1丁目)
花火を宣伝するチラシを配っている小笠原和也さん(高知市はりまや町1丁目)
乗りと勢いで準備中
 「夏と言えばよさこい、花火でしょう」

 高知市の美容師、小笠原和也さん(25)は9月30日、県内1カ所でサプライズ花火を打ち上げる計画を進めている。

 新型コロナウイルス感染症の影響で勤務する美容室が休業中に、よさこい祭りの中止を知った。店の再開後、「夏の楽しみがなくなった」という友人や客の嘆きを聞き、自分にできることは?と考えを巡らせた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ