2020.07.28 08:37

給食ゆずゼリーを家庭でも 馬路村農協 発売1カ月で1万個

馬路村農協が一般販売している「給食ぜりー」(馬路村の村農協「ゆずの森加工場」) 
馬路村農協が一般販売している「給食ぜりー」(馬路村の村農協「ゆずの森加工場」) 
 給食で人気のゆずゼリーを家庭でもどうぞ―。高知県安芸郡馬路村の馬路村農協がこのほど、県内の小中学校に提供しているゼリーの一般販売を始めた。発売1カ月で1万個ほどが売れる人気商品となっている。

 馬路村農協は2010年から、高知県学校給食会にゆずゼリーを納入。2019年は約9万個が給食で出された。高知県学校給食会によると「何度も注文をいただく学校もあり、子どもたちに人気」という。

 ゼリーは馬路村産ユズの果汁はもちろん、上白糖など原材料は全て国産。ユズが香るすっきりとした甘さと、つるんとした食感が特徴。

 馬路村農協は、その名も「給食ぜりー」として6月下旬から通信販売を始め、高知市の馬路村農協のアンテナショップでも販売。すでに1万個ほどが売れたそうで、「安全性とおいしさ、両方が受け入れられうれしい。今後も安心できる商品を作っていく」としている。

 1個65グラムで、5個入り500円(税込み)。(北原省吾)

カテゴリー: 経済グルメ安芸高知のニュース

ページトップへ