■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2020.07.25 14:35

県内戦争遺跡に風化の波 トーチカ、塹壕 把握進まず 戦後75年 保存と活用課題

山中に残るトーチカ。福井康人さんが触れている岩は、銃撃用の穴を隠すふたとみられる(南国市稲生)
山中に残るトーチカ。福井康人さんが触れている岩は、銃撃用の穴を隠すふたとみられる(南国市稲生)
 もうすぐ75回目の終戦記念日。県内には戦時の記憶を今にとどめる遺跡が数多く残されている。戦争の愚かさと悲惨さを伝える「物言わぬ証人」たち。その足元にも風化の波が迫っている。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ