2020.07.25 08:31

「子育てのしんどさ」話して 「いるかひろば」理事長・土居さん 周囲の親子に声掛けを

「子育ては楽しいことばかりじゃない。『しんどい』と言っていいんですよ」と話す土居寿美子さん(高知市六泉寺町の地域子育て支援センター「いるかひろば」)
「子育ては楽しいことばかりじゃない。『しんどい』と言っていいんですよ」と話す土居寿美子さん(高知市六泉寺町の地域子育て支援センター「いるかひろば」)
 高知県内に48カ所ある「地域子育て支援センター」には毎日、たくさんの親子が訪れます。高知市六泉寺町の「いるかひろば」もその一つ。理事長の土居寿美子さん(59)が、保護者の話をじっくり聞くことで知られています。高知新聞社の子育て応援ウェブメディア「ココハレ」では、土居さんのコラムを掲載。関わってきた親子のエピソードを交えながら、子育ての悩みを否定せずに受け止めることの大切さを伝えています。

「食べてくれない」
 土居さんのコラムは6月に始まりました。タイトルは「こころのとびら」。7月に公開した第2回では、2歳の娘の食事に悩む30代母親とのエピソードを紹介しました。

 「娘が全然食べてくれない」と訴えるお母さんに土居さんは「お昼を一緒に食べませんか?」と声を掛けました。お母さんに代わって食べさせてみたことをきっかけに娘が食べ始め、お母さんの表情が和らいでいく様子がつづられています。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会子育て社会

ページトップへ