2020.07.24 08:45

【動画】餌入り氷で夏の涼 のいち動物公園 飼育員手作り 香南市

果物氷を取り合うビントロングの母と娘(香南市の県立のいち動物公園)
果物氷を取り合うビントロングの母と娘(香南市の県立のいち動物公園)

 県立のいち動物公園(香南市野市町大谷)で23日、動物に餌入りの氷塊や氷柱がプレゼントされた。動物たちは大喜びでひんやり冷たい好物にかぶりつき、ひとときの涼を味わった。

 毎夏の名物企画。すりおろしリンゴを流し込むなど、飼育員が趣向を凝らして手作りしている。今年はペンギン、アカハナグマなど6種の動物に贈った。

 この日の気温は31度。目にも涼しげな氷が届くと、動物たちは一目散に駆け付けた。

 マンドリルが堪能した氷のケーキは、マンゴーやブドウ、パイナップルなど普段は味わえない果物尽くし。3日がかりで準備した飼育員の小松美和さん(49)は「彩りにもこだわった。頑張ってほじくって」と見守った。

 ビントロングの母と娘が氷を奪い合ってパンチを繰り出す場面もあり、家族連れらは「人と一緒。しぐさもかわいい」などと大騒ぎ。愛嬌(あいきょう)ある姿に見入っていた。(横田宰成)

カテゴリー: 環境・科学香長

ページトップへ