2020.07.22 14:35

高知市がコロナで減収の障害者支援へ 国の助成ない施設通所

黙々と作業に打ち込む利用者。受注の減少や利用の自粛で減収が続く(高知市北本町3丁目)
黙々と作業に打ち込む利用者。受注の減少や利用の自粛で減収が続く(高知市北本町3丁目)
受注減や自粛で6割が影響
 新型コロナウイルス感染症の影響で、障害のある人が働く高知市内の通所施設も打撃を受けている。中でも、就労継続支援「B型事業所」では、利用者と施設側が雇用契約を結ばないため、国の支援も受けられない。高知市の調査では、受注の減少や利用の自粛で6割近い利用者の工賃が減収しており、高知市は給付金で支援する方針だ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央

ページトップへ