2020.07.22 08:32

太陽ギラギラ 高知県で今季初の猛暑日 四万十市江川崎36.2度

照りつける太陽の下、噴き出す汗を拭う男性ら(21日午後、四万十市西土佐江川崎)
照りつける太陽の下、噴き出す汗を拭う男性ら(21日午後、四万十市西土佐江川崎)
 高知県内は21日、広く高気圧に覆われて各地で気温が上がり、四万十市の江川崎で36・2度、四万十市の中村で36・0度を観測した。県内で今季初めて、最高気温が35度を上回る猛暑日となった。

 このほか長岡郡本山町で34・9度、香美市の大栃で34・6度、高岡郡四万十町の窪川で34・5度など、高知地方気象台の16観測地点のうち11地点で今年の最高気温を更新した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学幡多

ページトップへ