2020.07.22 08:32

「宗田節塩昆布」全国発売へ 「だし文化伝えたい」県内老舗コラボ

宗田節の味と香りにこだわった塩昆布
宗田節の味と香りにこだわった塩昆布
 宗田節の香りとうま味の効いた新感覚の塩昆布が、高知県内の老舗2社のコラボで開発され、8月に全国発売される。両社は「だし文化の魅力を知ってもらうきっかけになれば」と期待している。

 1868年創業の泉利昆布海産(高知市東城山町)と、1921年創業の宗田節製造業、新谷商店(土佐清水市中浜)。

 泉利昆布海産は、おぼろ昆布や白板昆布を主力商品とし、だし文化を伝える食育にも取り組む。泉谷伸司社長(43)が「高知が誇る宗田節を広く知ってもらうため、昆布とコラボを」と発案し、料理のアレンジレシピで浸透している塩昆布に着眼。1月に開発に着手した。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 新商品グルメ高知のニュース

ページトップへ