2020.07.19 08:38

幸徳秋水「非戦の碑」建立を 高知県四万十市 寄付を募集

1983年に建立された幸徳秋水の絶筆を刻んだ石碑(四万十市の為松公園)
1983年に建立された幸徳秋水の絶筆を刻んだ石碑(四万十市の為松公園)
来年生誕150年・刑死110年
 四万十市出身の社会主義思想家、幸徳秋水の生誕150年と刑死110年に当たる来年、ゆかりの「非戦の碑」を市内に建立しようと、「幸徳秋水を顕彰する会」(宮本博行会長)を中心とした実行委員会が寄付を募っている。

 秋水(本名=伝次郎)は1871(明治4)年11月5日に旧幡多郡中村町で誕生。明治天皇暗殺を企てた疑いを掛けられ、1911(同44)年1月24日、東京・市ケ谷刑務所で絞首刑となった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会幡多

ページトップへ