2020.07.18 08:36

高知県が日本脳炎の注意喚起を発表

 高知県は17日までに、日本脳炎ウイルス感染への注意喚起を発表した。7日に県内で飼育されている豚10頭の血液検査を行った結果、5頭が感染しており、流行地域の判定基準(50%)を上回った。

 日本脳炎は、ウイルスに感染した豚の血液を吸った蚊(コガタアカイエカ)が人を刺すことで感染する。感染した約千人に1人が重篤な脳炎を発症し、そのうち20~40%が死亡するとされる。人から人には感染しない。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ